更年期障害の対策として選ばれるサプリとは

更年期障害は、45~55歳の更年期と呼ばれる時期に卵巣の働きが弱まり、そこで分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの量が急激に減少することで引き起こされます。閉経前ならホルモンバランスが乱れることも少ないのですが、閉経し、ホルモンバランスが乱れることで自律神経に影響するのです。更年期障害の症状として、イライラや不眠、顔のほてり、肩こりや倦怠感などが挙げられます。それら症状を軽くする対策としてサプリがあります。中でもローヤルゼリーや大豆イソフラボンが配合されているサプリはエストロゲンと似た作用を持つので、自律神経やホルモンバランスを整え更年期障害の改善に期待できると、人気があります。他にもホルモンバランスを整える作用がある栄養素としてビタミンEや亜鉛があるので、これらをサプリで摂取することでも改善の効果に期待できます。しかしながら、サプリを摂取したからといって万全ではありません。例えば有酸素運動を普段の生活に取り入れ、自律神経のバランスを整えたり、心身ともにリフレッシュすることで安眠効果も期待できます。また旅行や趣味など自分の楽しみを見つけ謳歌することで、ストレスを溜めこまないようにすることも大切です。更年期障害の症状は大なり小なり、女性なら起こる可能性が高いです。その時に、自分に合った対策を取ることで症状を和らげることが出来れば、辛い更年期障害を乗り越えることが出来るかもしれません。おすすめの更年期サプリはコチラ